記事一覧

すべての記事は⇒こちらから


スポンサーリンク



介護福祉士とホームヘルパー、資格取得要件の見直し(1)



介護福祉士ケアワーカー)は数千時間に迫る膨大な時間と非常な努力を費やして得られる資格であり、介護業界の中心的存在となるプロフェッショナルとして、資格取得までの努力に相応しい待遇を、本来なら得られてよいはずです(介護福祉士については 資格の概要と、有資格者の現状(1) ご参照)。


にもかかわらず、介護業界の全般的な人材難を背景として、介護福祉士の多くが介護施設の現場において長時間労働とならざるを得ず、その肉体的・精神的負担に比べ、残念ながらこれまで社会的地位・給与面において報われない状況が続いています。


厚生労働省の平成17年(2005年)調査によれば、介護施設で働く介護福祉士の割合は、介護職員全体の38.1%に達しています。

また 介護予防関連の資格と現状 でも記したとおり、介護福祉士の資格取得者47万人中の半数近くは、介護業界以外の仕事に就いているのが現状です。


このため、介護福祉士および介護業務従事者の待遇改善に向けた政治的な試みがいまも続いていますが、彼らの待遇・報酬をあげることはすなわち、その源泉である「介護報酬の引き上げ」(ひいては、被保険者の支払う介護保険料の引き上げ)を意味することから、事態がなかなか大きく進んではいないのが現状です。


その一方で人手不足が慢性化し、人口の高齢化もますます進んでいることから、団塊世代が後期高齢者となる2025年までに、新たに30万人程度の介護職が必要ともいわれています。


対策の一環として、すでに外国人介護士・看護師の受け入れも始まっています。

(現在の状況については、資格の概要と、有資格者の現状(1) ご参照。)

 

スポンサーリンク


また、問題の深刻化がささやかれる「認知症介護」や「老々介護」など、これまでの身体介護だけでは対応できない状況が出てくるなか、新たな介護サービスへの対応ができる人材の育成も必要と見込まれています。

さらには、成年後見に関わる相談など専門知識が必要とされる業務の範囲も拡大してきており、介護業界においてもそれに対応できる人材が、いま以上に求められています。


このように介護の現場がさまざまに変化し、また介護業界の人・ソフト面の新陳代謝も進むなかで、「介護サービスの質の維持・向上を持続的に担うプロとしての、介護福祉士の社会的地位の向上」をこれまで以上に進める必要がある、と国は考えているようです。


基本的に、「介護福祉士」を介護業界における基本的・中核的資格と位置づけ、ホームヘルパーらに対しても、将来的に介護福祉士へのステップアップを促していくとしています。


そのような現状を背景として、平成19年(2007年)11月には「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正され、厚生労働省は介護福祉士の資格取得要件を厳しくする方針を打ち出しました。


これまでは専門養成施設の卒業生は無試験で介護福祉士となる途がありましたが、新たな資格取得制度の実施後は、例外なくすべての人に国家試験の受験義務が課せられることになります。

また、ホームヘルパーに対する研修制度も、あわせて大幅な改定が行われています。


資格改正のポイントについては、 介護福祉士とホームヘルパー、資格取得要件の見直し(2) でご説明します。


【追記】


介護福祉士の資格取得方法の見直し」の実施は、平成27年(2015年)4月まで3年間延期されることになっていましたが、平成26年(2014年)6月に成立した「地域医療・介護総合確保推進法」により「実施がさらにもう1年延期」され、第29回試験[平成29年(2017年)1月]からの実施となりました。

したがって新制度にもとづく平成29年(2017年)1月の試験までは、現行制度のままとなります。

(これにあわせ、450時間以上の「介護職員実務者研修」の義務づけも、1年間の先送りになりました。)


スポンサーリンク




すべての記事は⇒こちらから

介護予防 知っておきたい知識と知恵 のトップページに戻る


姉妹サイトもあわせてご覧ください。

介護施設と介護保険施設 その種類と役割
高齢者住宅 知っておきたい違いの理由
介護付有料老人ホーム 入居者目線で選ぶ智恵
介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方
介護用品・介護機器・福祉用具の基本を知る
在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき


・本サイトの情報提供について

本サイト「介護予防 知っておきたい知識と知恵」は、介護予防及び介護関連情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる広範な一般的知識及び情報の提供を趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。



先頭へ戻る


このブログ記事について

すべてのコンテンツはサイトマップ(記事一覧)で見られます。

次のブログ記事は「介護福祉士とホームヘルパー、資格取得要件の見直し(2)」です。

ひとつ前のブログ記事は「資格の概要と、有資格者の現状(2)」です。




プライバシーポリシー