記事一覧

すべての記事は⇒こちらから


スポンサーリンク



「介護予防」の目的と、介護保険上の位置づけ



介護予防」とは、(1)「要介護状態になることを、できる限り防ぐ遅らせること」および(2)「現在すでに要介護状態の場合は、状態がそれ以上悪化しないようにする改善を図ること」の両方をさします。


(ちなみに「要介護」というのは、介護保険で定められた利用限度枠を認定するために設けられた基準です。認定の区分は「要支援(1・2)」と「要介護(1~5)」の7段階にわかれています。)

 

介護予防


とりわけ(2)の、"現在の身体状況のこれ以上の悪化を防ぎ、改善に努めていく"ことが「介護予防の定義に含まれていることは、つい見落としがちですので注意しておきましょう。


介護予防」は、平成18年2006年4月の改正介護保険法において導入され、現在の介護保険制度の一端を担うものです。

具体的に「介護予防」の対象となるのは、要介護認定において「要支援(1・2)と認定された介護保険の被保険者の方々です(ただし下記のとおり、2015年の介護保険法改正により、一部の要支援者向けサービスが介護保険から市町村の事業に移されます)。


(ちなみに「要介護認定」ですが、まずは本人または家族から、居住地の市区町村役所や地域包括支援センターに対して、申請手続を行います。

その後、調査員の訪問調査や聞き取り調査を経て、コンピュータによる一次判定と、専門家で構成する介護認定審査会による二次判定を経て、申請から原則として1ヶ月以内に「非該当自立)」「要支援(1・2)」「要介護(1~5)」のいずれかの認定結果が、文書で届くことになります(詳しくは姉妹サイト内記事 介護保険の申請~「主治医意見書」「認定調査」で気をつけたい点 ご参照)。


さて、ここでもうひとつ、「地域支援事業」の主な一環として、「介護予防事業)」が同じタイミングで導入されることになりました。

この「地域支援事業」は市町村が主体となって行いますが、実際は地域包括支援センターに委託されている場合がほとんどです。


つまり「介護予防」は、介護保険の要介護認定において、

・認定を受けていないか、「非該当自立)」判定者を対象に市区町村主体で実施する「介護予防事業」と、
・「要支援(1・2)認定の人たちを対象に、介護保険から給付が行われる「予防給付」 (一部のサービスを除く)

との、大きく二つのステージに分かれているのです。


別の言い方をすると、介護保険の要介護認定というモノサシで、この二つのステージに分けられるかたちになったわけです。被保険者として介護保険の「予防給付」を利用する前に、そうならないよう健康なうちから、市区町村の「介護予防事業」を積極的に利用して予防に努めてほしい…というのが国のメッセージだったのでしょう。


背景にはもちろん、国の介護保険財政のひっ迫があります。


国の介護保険の総費用
は、制度がスタートした2000年度は3.6兆円でしたが、要介護者数の急速な増加に伴い、2013年度(実績)で9.2兆円・2016年度(当初予算)で10.4兆円となっています。開始時の3倍弱にまで膨れ上がったのみならず、現在も右肩上がりで増加し続けています。

月額の介護保険料(全国平均)2,911円でスタートしたものが、2015年~2017年度は5,514円。ついに5千円台を突破しています。


介護予防の普及によって介護保険の給付利用者が減少すれば、介護財政の負担も中長期的に減らしていくことができるだろう...という、厚生労働省の狙いがあるわけですね。

しかし残念ながら現在のところは、 介護予防がなかなか普及しない理由 でも述べているとおり、高齢者に対しての普及の度合いもいまひとつで、もくろみどおりとはいっていないようです。

 

スポンサーリンク


平成27年(2015年)4月から「改正介護保険法」が順次施行されていますが、介護予防サービスでも大きな変更がありました。


介護保険で要支援1・2の方を対象としていた「介護予防訪問介護(介護予防ホームヘルプサービス)」・「介護予防通所介護(介護予防デイサービス)」が、国の介護保険の予防給付から外れ、市区町村が行う地域支援事業(総合事業)へと移行します。

この移行は平成27年(2015年)度~平成29年(2017年)度末までの最長3年以内に、市町村の判断で実施されます。


注意したいのは、「要支援者向けサービスの全部が、市区町村に移るわけではない」点です。

市区町村に移るのはあくまで「介護予防訪問介護」・「介護予防通所介護」の2サービスだけで、それ以外の要支援者向けサービスは引き続き”介護保険の”予防給付に留まります


ただし要支援1・2の方が使っている介護予防サービスのうち、「介護予防訪問介護」・「介護予防通所介護」の2サービスが約5割を占めているため、これらが全国一律の介護保険の予防給付(介護予防サービス)の枠外となることは、利用者にとってやはり影響の大きい改正と言わざるを得ません。



さて、二つのステージは同じ「介護予防」にかかわるものですが、前者の「介護予防事業」は市区町村が実施の主体となっていて、しかも介護保険が適用されている者以外を対象としていることには、注意が必要です。


予防給付(介護予防サービス)」となると、被保険者として直接的に介護保険を使っているわけですね。

これに対して「介護予防事業」の場合は、介護保険をいわば「間接的に」利用しているかたちになります。

市町村が行う「地域支援事業」には、介護保険財政の3%を上限に、その費用が支出されているからです。

なお上で述べたように、現在の要介護状態のこれ以上の悪化を防ぐことも、介護予防の定義に含まれていることを、思い出してください。


介護保険の「予防給付」そして「介護予防事業」については、それぞれ 介護保険の予防給付(介護予防サービス)の概要  市区町村の「地域支援事業」とは でご説明してまいります。
 

ところで皆さんは、「老年症候群(生活不活発病)」という言葉をご存知でしょうか。

老年症候群について(倉敷医療生活協同組合)


これは生きていくために必要な力、記憶力・判断力・生きることへの気力といった「生活機能の全般的な衰えの進行により、高齢者の「生活の質が知らず知らずのうちに低下してしまうことを指します。

たとえば、高齢者が家の内外を問わず転びやすくなったり、低栄養状態となったり、うつ状態認知機能の低下が見られることなどが、老年症候群の具体的症状です。加えて病床で寝たきりの状態になると、自立している人の2倍の老年症候群が現れてくるとも言われます。


(以下の姉妹サイト内記事も、あわせてご参照ください。)

高齢者のうつ病~家族の対応と気づき・治療の注意点
認知症の高齢者介護、早期治療のために家族がすべきこと



これらは必ずしも病気によって起きるものではなく、むしろ身体と精神が弱ってくる過程で起きる症状です。

ということは、適切に対処することによって高齢者の「老年症候群」を予防することは可能、と言えるわけです(逆にその対処を誤れば、潜在的な病気まで顕在化させてしまい、多臓器疾患・ひいては要介護状態へと向かう恐れがあります)。


高齢者にとってはこの「老年症候群の予防」こそが特に必要であり、同時に「介護予防のための基本的な考え方ともなるわけです。


スポンサーリンク




すべての記事は⇒こちらから

介護予防 知っておきたい知識と知恵 のトップページに戻る


姉妹サイトもあわせてご覧ください。

介護施設と介護保険施設 その種類と役割
高齢者住宅 知っておきたい違いの理由
介護付有料老人ホーム 入居者目線で選ぶ智恵
介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方
介護用品・介護機器・福祉用具の基本を知る
在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき


・本サイトの情報提供について

本サイト「介護予防 知っておきたい知識と知恵」は、介護予防及び介護関連情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる広範な一般的知識及び情報の提供を趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。



先頭へ戻る


このブログ記事について

すべてのコンテンツはサイトマップ(記事一覧)で見られます。

次のブログ記事は「介護保険の予防給付(介護予防サービス)の概要」です。




プライバシーポリシー