記事一覧

すべての記事は⇒こちらから


スポンサーリンク



介護予防がなかなか普及しない理由



 

平成18年(2006年)4月の介護保険法改正を機に、厚生労働省や自治体は「介護予防」に関わる一通りのプログラムを用意し、そのPRに努めています。


厚生労働省はこのような介護予防事業普及啓発パンフレットも作成していますし、一部の自治体においては、このような啓発ビデオも作成しています。しかしながら現時点においてその成果はいまひとつです。

各種の講習会、チェックリスト利用にもとづく健診の受診者数などの、介護予防事業への参加者数は全国的に伸び悩んでいる状況です。

 


厚生労働省によると、介護予防事業(地域支援事業)を利用する65歳以上の高齢者は、全体の0.5%程度(2009年度)にとどまっています。


一部の希望者のニーズには応えているかもしれませんが、介護予防の考え方が一人一人の高齢者に広く行き渡っているか?と問われると、残念ながらまだ全然普及していないというのが現状なのです。


理由は、いろいろと考えられます。まず、「介護予防」というコンセプト(概念)そのものが、対象となる高齢者層にまだ十分浸透していないことがあげられるでしょう。


いや、こと高齢者に限らず、われわれは一般に、いざ事が起きてからはあわてて対策をとったりするものの、事が起きるまえに先々を想定し日頃からその予防に努める、という行動をとらない傾向があります。

たとえば、地震対策として数日分の食糧備蓄をしている家庭が全国で一体どれくらいあるか?といったことひとつを考えてみても、思い当たるふしがあることでしょう。


一般の人々にとって「予防とは、日頃から自覚し具体的に実行するのが案外と難しい行為なのです。

ましてや外部から広く啓蒙・普及をはかっていくとなると、根気強く時間をかけた、さまざまな角度からの取り組みが必要なはずで、現状ではその点がまだ不十分と考えられそうです。

 

スポンサーリンク

また「介護予防」という考え方自体、まだまだ国と自治体の間だけに止まっている感があります。

民間のサービス・製品競争が活発に行われるような介護予防専門の市場も、いまだに形成されていません。


そのためか、「介護予防」というコンセプト(概念)の普及スピードもゆるやかで、高齢者は市町村の広報誌やポスターなどではじめてその存在を知るという程度の意識レベルに、とどまっています。


これらの問題の解決については、すでに各方面からさまざまな方向性が打ち出されていますが、その効果は未知数であり、さらに効果が現れてくるまでの時間も、かなりかかりそうです。


2025年にはいわゆる団塊の世代が全員「後期高齢者(75歳以上)」へスライドして、全人口のほぼ4人に1人になる(特に女性の後期高齢者が増える)と見込まれており、日本における高齢化は猛スピードで進んでいます。


国や自治体もあまりのんびりやっていては、介護予防が普及する前に介護・医療関連の財政がパンクしてしまうことでしょう。


民間やマスメディアも巻き込んだ介護予防にかかる普及・啓蒙対策の見直しに、早々に着手する必要があるのではないでしょうか。


最後に、「介護予防」はひとりひとりの高齢者にとってみると、何よりもまず「自分自身の」健康そして尊厳のある生活が送れるかどうか、に関わってくる話です。

「介護予防」などは面倒くさい、病気になってから病院に行けばよい...というこれまでの考えのままでは、国や自治体はもちろんのこと、自身も自らの身体をもってして最終的に大きな「ツケ」を支払うことになってしまいます。


これからはひとりひとりの高齢者自身が、「自らの健康と生活を守るため、介護状態になる前に、予防的・主体的・積極的に情報を集め、実践する」という、介護予防のための前向きなアクションを起こすことが必要になってくるはずです。


高齢者一人一人が自らの健康と身体のために「介護予防」に関心を持つこと、それがすなわち、「介護予防」がこの日本で広く普及するための強力な誘因にもなるのです。


スポンサーリンク




  

次の記事は「予防の効果がでやすい人の「属性」とは」です。

ひとつ前の記事は「「地域包括支援センター」を有効活用する」です。

すべての記事は⇒こちらから

介護予防 知っておきたい知識と知恵 のトップページに戻る


姉妹サイトもあわせてご覧ください。

介護施設と介護保険施設 その種類と役割
高齢者住宅 知っておきたい違いの理由
介護付有料老人ホーム 入居者目線で選ぶ智恵
介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方
介護用品・介護機器・福祉用具の基本を知る
在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき


・本サイトの情報提供について

本サイト「介護予防 知っておきたい知識と知恵」は、介護予防及び介護関連情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる広範な一般的知識及び情報の提供を趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。



先頭へ戻る


このブログ記事について

すべてのコンテンツはサイトマップ(記事一覧)で見られます。

次のブログ記事は「予防の効果がでやすい人の「属性」とは」です。

ひとつ前のブログ記事は「「地域包括支援センター」を有効活用する」です。




プライバシーポリシー